キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 夜尿症に効果的な薬剤 : 夜尿症を考えてみよう

夜尿症に効果的な薬剤

夜尿症の子供をもつ両親が、どんな方法で子供と向き合ったのか、どんな対策や治療をして夜尿症を克服したかという事例がとても参考になると友人が話していました。

林間学校を楽しみにしていた子供のために、夜尿症の治療を開始し、生活指導と薬剤で効果が出たという事例は、同じ年の子供を持つ友人にとってとても身近に感じたそうです。

中でも抗利尿ホルモン薬であるデスモプレシンはスプレータイプになっていて、子供でも使いやすく有効性もあることで、友人も興味を持ったそうです。

尿の量をコントロールしてくれる抗利尿ホルモンを補充する薬で、尿量を少なくする作用があるそうです。

薬剤により、夜間の尿の量が減りおねしょをする回数が少なくなり、そのことが子供にとって自信につながるのだというのです。

友人の場合は、まだ様子をみている状況ですが、このような薬があり有効性も報告されているということで、治療の内容もよくわかり、安心したと話していました。

夜尿症の治療薬として、デスモプレシン以外にも、膀胱の緊張をやわらげ尿をたくさんためられる効果があるポラキスなどもあります。

夜尿症をネットで調べていると、よく目にするのがアラーム療法です。

これは、おねしょの水分をセンサーが感知してアラームが鳴る装置のことで、アラームによりを子供がおねしょに気づき目を覚ます、というものです。

ただし、熟睡している子供にとってアラームで目覚めない場合があり、親が起こすことになります。

アラームで目を覚ますことで、子供も親も寝不足になることがあるので、根気が必要ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加