キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 漢方薬と夜尿症 : 夜尿症を考えてみよう

漢方薬と夜尿症

おねしょが突然はじまった子供のため、日々様子をみているという友人ですが、治療を開始するというところまでいかず、とりあえずは日常生活において、夜おねしょをしないような生活を心がけていると話していました。

たとえば、夜水分をあまり多くとらない、寝る前にはゆっくりとお風呂にいれ、体を冷やさないようにする、塩分の多い食品を控えるなどの工夫です。

体が冷えると夜尿症を悪化させやすい、と言われているそうです。

お風呂には炭酸系の入浴剤が体をあたためる効果があるそうですね。

冬の寒い時期には、布団などをあたためるなど、就寝中に体を冷やさないという工夫をしているそうです。

また、漢方薬もためしてみようかな、と話していました。

漢方薬は即効性はないものの、ゆっくりと体に浸透し体質改善の効果があります。

夜尿症に限らず、漢方薬は副作用もないため、人気がありますね。

虚弱体質な子供の場合、小建中湯という漢方薬が効果的なのだそうです。

小建中湯には、小児の虚弱体質や小児夜尿症(おねしょ)にも効果があると言われているのだそうです。

子供の体質改善にはとても有効的な漢方薬なのですね。

漢方薬といえば、苦いというイメージがありますが、水あめを入れたりすることで子供にも飲みやすく作ってあげるといいと思います。

子供の夜尿症は、自然になおるため様子をみているという選択もありますが、自宅でできることを少しでもすることで、夜尿症に役立つ結果になるかもしれないですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加