キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 夜尿症の治療について : 夜尿症を考えてみよう

夜尿症の治療について

小学校の3年生で、とつぜんはじまった子供のおねしょに悩む友人は、毎日のようにネットでおねしょや夜尿症について調べていました。

すると、中学生になってもおねしょがなおらない、というケースもあったようです。

中学生ともなれば、部活の合宿や修学旅行など、子供の行動範囲も広がってくるだけ、その対策も考えなければならないですね。

夜尿症の子供を持つママさんたちが集まるネット上のコミュニティがあり、それはとても参考になったそうです。

11歳の子供がずっと楽しみにしていた林間学校があり、本人が一番楽しみにしていたはずなのに、自分の夜尿症により林間学校に行きたくないといい、ずっとふさぎこんでいたそうです。

ふだんはおむつパッドをして寝ているのですが、それを学校の友達に気づかれるのがいやだったのでしょう。

なにより、自分がまだおねしょをしているとわかってしまうのがとてもいやだったのだと思います。

楽しみしていた林間学校になんとか行かせてあげようと、泌尿器科を受診し、生活指導と薬物療法を実践したそうです。

寝る前に点鼻薬を投与したり、夜に水分をとりすぎないようにしたり、夜尿記録をつけたりしたそうです。

子供本人も積極的に夜尿症を治したいという気持ちが強くみられたそうです。

薬剤の効果があり、おねしょをしない日が多くなり、それが精神的に自分の自信にもつながっていったのでしょう。

効果がとてもみられ、林間学校におむつパッドなしで参加することができたという事例が載っていたそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加