キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 夜尿症の治療のタイミング : 夜尿症を考えてみよう

夜尿症の治療のタイミング

夜尿症には3原則というものがあるそうです。

それは、「起こさず、焦らず、怒らず」ということだそうです。

おねしょをした子供本人がいちばん落ち込んでいるはずなのに、親が強く怒ってしまうと、気持ちが萎縮してしまい、それが精神的に負担になってくるのだそうです。

※関連記事はコチラ;http://mamasup.me/articles/13809

おねしょだけでなく、自分がダメな人間なんだ、という劣等感を植え付けてしまう可能性もありますね。

さらに、他の子供と比較するというのも子供にとってはいやなものですね。

ますます自分の悪い部分が見え、卑屈になってしまうかもしれません。

夜作られる尿の量は、抗利尿ホルモンの分泌により少なくなります。

心理的なストレスで自律神経が乱れることにより、このようなホルモンバランスも乱れてしまうことがあるそうです。

あせらず気長に様子をみながらということを心がけるのはいいけれど、いつまで夜尿症が続くのか、はたして治るのか?という不安もあると思います。

夜尿症は自然に治ると言われていますが、いつまだ様子をみたらいいのか、どのタイミングで治療をすればいいのか、わからないこともありますね。

夜尿症は自然になおると言われているので、特に治療をしないで放置されることが多いと言われています。

ただ、ある程度の年齢になってもおねしょが治らず、それが学校生活などいろいろな場面においてこども自信によくないという場合は、治療にふみきったほうがいいのではないかと思います。

夜尿症の治療は、有効な薬剤や夜尿アラーム療法、生活指導などがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加